低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【1月22日】白菜使いきりメニュー「丸ごと1玉 白菜鍋」
今が旬の白菜をたっぷり美味しく食べるレシピです。
なんと、大きな白菜丸ごと1玉使います。

材料:白菜1玉 豚バラ肉150~300g(肉の量はお好みで1~2パックくらい)

hakusainabe1.jpg

まずはおなじみの「50℃洗い」です。
とにかく野菜はなんでも50度洗いしましょう。
基本的には丸ごと洗っていいですが、白菜は大きいので3つにカットします。

hakusainabe2.jpg hakusainabe3.jpg

大きなボウルか、なければ大鍋を使って50℃のお湯につけてサッと洗います。
ひっくり返して全体がお湯につかるようにします。2,3分でいいでしょう。

hakusainabe4.jpg hakusainabe5.jpg

洗い終わったらザルにあげておきます。

豚肉は70℃蒸ししたものを冷凍しておきましょう。
1回分ずつ小分けにしておくと便利です。
(写真の豚バラは63℃で蒸しています)

hakusainabe6.jpg

流水やお湯につけて肉を解凍し、一枚ずつバラします。
長いので半分に切ります。
白菜の葉も大きいまま料理するのでお肉も大きめでOK。

hakusainabe8.jpg hakusainabe9.jpg

先ほどの白菜を大きな鍋に縦に並べて入れます。
縦に入れると、白菜をたくさん入れることが出来ます。
まず下半分の白菜の芯を取って入れ、白菜の間に豚肉を一枚ずつばらして入れます。
その上からもう半分を押し込むように入れて、また豚肉を葉の間に適当に入れます。

hakusainabe7.jpg hakusainabe11.jpg hakusainabe12.jpg

このようになります。
お花みたいでキレイ(*^-^*)

hakusainabe13.jpg

しかし、ふたが閉まりません(汗)
半分くらいはみ出てます。

hakusainabe14.jpg

だけど大丈夫。
上からぎゅぎゅっと押さえて押し込み、ステンレスの鍋などおもりを置きます。
この上からさらにボウルをかぶせるなどしてもいいでしょう。
とにかく、浮き上がらないように。

hakusainabe15.jpg

火をつけ中火にかけます。
白菜からたくさんの美味しい水分が出るので、水は必要ありません。
中火に15分ほどかけると、このように鍋におさまるくらいになりました。
もう少しです。

hakusainabe16.jpg

フタからおもりを外してさらに10分ほど煮込みます。
バターのようないい香りがしてきました。
このくらい、白菜が鍋からはなれるくらいになったらOKです。

hakusainabe17.jpg

火を止めて5分蒸らすとさらに白菜が小さくしぼみました。
これで出来上がり!

hakusainabe18.jpg

最初鍋の倍くらいの高さだった白菜がこんなに小さくなりました。
出来上がると、丁度いいくらいの量になってます。

器にもって、ぽん酢をかけていただきます。
薬味には、ゆず胡椒やブラックペッパーもおすすめ。
豚肉を70℃蒸ししているので縮みが少なく、アクがなくサッパリ。
臭みもありません。

hakusainabe19.jpg

白菜は、鍋に使う場合は50℃洗いのみをオススメします。
70℃蒸しすると白菜の繊維が強く、シャキシャキとした食感を保ちますので、
そちらをお好みの方は70℃蒸しの白菜でもいいと思います。




低温スチーミング研究会


【2013/01/23 20:02】 低温蒸し 料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【12月5日】はままるマーケットでも50℃洗いと70℃蒸し!!
今日、12月5日のはなまるマーケットで50℃洗いと70℃蒸しの
「ミラクル調理法」が特集されました。

はなまるタイトル

まずはお湯さえあれば出来る手軽な50℃洗い。

アジの干物を洗っちゃう!?

はなまるアジ干物50度洗い

干物は、低温蒸しの方がオススメでまるで生から調理したように
ふんわり美味しくなるのですが、50℃洗いでも効果は大きいでしょう。

次に、最初は「これはチョット・・・」と言いながら試食が始まったイチゴ。

はなまるいちご50度洗い

イチゴは、50℃洗いの効果が分かりやすい食材です。
酸味がおさえられるので甘みが増して感じ、美味しくなります。
しかも、痛みが遅くなるといううれしいオマケつき。

当ブログでは、「50℃蒸し」のイチゴも過去にご紹介しました。
「一週間後の蒸しイチゴ」
http://teionmushi.blog135.fc2.com/blog-entry-211.html


最初ははなまる主婦たちもドン引きしていたお刺身の50℃洗い(^-^;)

はなまる刺身50度洗い試食

でも、これをやり出すと本当に洗わないと食べられなくなります。
スタジオの試食でも評価が高かったです!

さて、いよいよ70度蒸し。

はなまる70度蒸し

50℃洗いでもビックリするくらい美味しくなりますが、低温蒸しはもっと違う!
やってきたのは先日の「ゆうどきネットワーク」にも登場したフレンチレストラン。

はなまる70度蒸し

そう。低温蒸しは「料理の下ごしらえ」なんです。
プロなら当たり前にやっている下ごしらえをすることで、家庭でも
プロが作ったような美味しい料理を食べることが出来るようになります。

はなまる低温蒸し鍋

出た出た!!
ここで利用されているのが、低温スチーミング電気鍋「ひらやま蒸し器」です。
「70度に調節ができる専用蒸し器」と紹介されていますが、70℃だけでなく、
40~95℃の間で1℃刻みで温度設定が出来ます。
実際は、様々な温度で低温蒸しをされていることでしょう。
しかもタイマー付き。
設定さえすれば誰でも簡単に低温蒸しができる鍋です。

低温スチーミング電気鍋「ひらやま蒸し器」
↑こちらからご購入できます!

<お客様の声>「 買ってよかった」

話には聞いていたのですが、実際におうちで試してみて驚きました。
キャベツが甘くって、今までと違うものを食べている感覚になります。
玉ねぎも、じゃが芋も甘いです。トマトはフルーツかと思いました。

今まで、レンジを活用していましたが、同じ事前温めと言えど、
別格です。味が全くちがうし、そのまま料理しないでも食べれるおいしさでした。

週末などにまとめて調理しておいて、遅く帰ってきたときに組み合わせて食べたり、
遅く帰ってきても他の作業しながら蒸し器にかけておいて、翌日食べています。
なにより野菜がおいしすぎて、最近、家ではお肉を食べていません。。

一度使用すれば手順も簡単なので、
冷蔵庫やスーパーで、これはどうだろうと考えちゃいます。

友人が遊びに来たときや、友人宅の集まりなどに、
ぜひ食べてもらいたいと思っています。

(30代 女性)
その他のレビューはこちら↓
https://secure.shop-pro.jp/?mode=review_lst&shop_id=PA01025951&rv_pid=3440964

こちらのお客様は、あまりの美味しさにお友達を呼んでおうちでパーティーなど
されているようです。下ごしらえが簡単に美味しく出来て良かったとのこと。
そして多めに蒸しておいて、その後1週間ほどご自宅用の食材にするんだそうです。



【2012/12/05 10:18】 TV、雑誌での紹介 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
12月5日のはなまるマーケットで50℃洗いと70℃蒸し特集
ここ数ヶ月、本屋さんに行く度に、新しい「50℃洗い」の本を見つけるような気がします。

私は雑誌を読むのは美容院に行った時くらいなのですが、昨日髪を切りながら見た
女性ファッション誌「LEE」にも50℃洗いが載っていて、温度計までついていたのには驚きました。
美容師さんとも50℃洗いと低温蒸しの話でひと盛り上がり。

50℃洗いしたみかんが、しばらくは良かったけど、あまり長くなると
さすがに皮がシワシワになってしまっていた、と言うお話しに、
「ちょっとまった。(-.-)/」

「皮はシワシワになるけど、中身は大丈夫なんです!」

不思議なことに、50℃洗いしたみかんは水分をしっかり保ったままの状態が続きます。
日持ちが良くなるだけでなく、甘み酸味が増して濃厚な味になっておいしいので、
みかんは買ったらすぐに50℃洗いしましょう!
50℃のお湯に3~4分くらいつけます。
(長くつけすぎて温度が下がらないように注意)

残念ながら今年の流行語大賞にはなりませんでしたが、「50℃洗い」は
大注目のキーワード。70度蒸し、低温蒸しも!後に続け!
そして明日はTBS「はなまるマーケット」のとくまるに登場するようです。

< 美食のキーワード!「50度洗い・70度蒸し」!
ヒートショック!野菜を新鮮にするスゴ技テク >

TBSテレビで朝8:30から。
是非ご覧下さい!


唯一の電気式、自動で温度調節が出来る低温蒸し専用鍋
低温スチーミング電気鍋」は、現在一時的に在庫切れとなっておりますが、
今週入荷予定です。
来週(12月中旬)からは発送できますので、ご予約受付中です。

今回の入荷は30台。
これが売り切れたら次の入荷は年明け以降(1月か2月くらい)になります。

denkinabe.jpg

低温スチーミング電気鍋「ひらやま蒸し器」
スチーミング温度 40℃~95℃    1℃刻みで設定可能
スチーミングタイマー 1分~24時間59分 1分刻みで設定可能
定価 68,250円(送料・代引き手数料サービス)
http://hakatagenkai.com/?pid=3440964

お正月休みを利用して低温蒸しにトライしようという方は、
今のうちにご購入ご予約下さい!!
低温蒸しのお節も出来ますよ♪

おせち3



【2012/12/04 14:25】 TV、雑誌での紹介 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【11月10日】2013年のヒット予測に「低温蒸し」登場!
また出ました!
本日放送の「ヒット商品研究所」で2013年にヒットするものとして、
倉田真由美さんが「低温蒸し調理」を出してくださいました。

2013ヒット予測1

この番組では、水道橋博士さん、倉田真由美さん、川村綾さんが
永年愛され続けているロングセラーの秘密と、今年2012年にヒット
したものを紹介されました。

2012年の一番のヒットは「東京スカイツリー」ということでした。
日経トレンディ編集長の渡辺敦美さんによると、最近の傾向としては
驚きのあるもの、ワクワクするような積極的なものが流行っているとのこと。
2013年のキーワードは「エンタメヘルス」

「楽しみながら健康になる」ということかと思います。

低温蒸しはまさに、驚きがいっぱい、食材が美味しく変身するのが楽しくて、
しかも健康になれる、家族やご近所との会話も増える、今どきのニーズに
ピッタリかもしれません。

2012ヒット予測2

低温蒸しした鶏肉が、ものすごく美味しいと力説する倉田真由美さん。

左下の低温蒸し器はもちろん当社の商品で、写真も当社から提供しました。
倉田さんのコメントに合わせた鶏肉の画像がなくて申し訳ない・・・
写真はチンゲン菜ですね。
チンゲン菜もすっごく美味しくなりますよ♪

2013ヒット予測3

「これはほんとにスゴイ!」と説明する倉田さん。
川村綾さんは女性なのでやはり興味ありそうですが、
水道橋博士さんは「どうだか?」っていう表情でしょうか?(笑)

食べたら絶対「もっと早く知りたかった!」ってなると思うけどなあ( ̄~ ̄)

当社では10年ほど前から低温蒸しに取り組んでいますが、
やっと調理革命の時代がやってきたのか!?

来年はもっとたくさんの方が「低温蒸し」を知ることになるかもしれませんね。
美味しくて楽しくて健康になれる、そして家族や周りの人とのコミュニケーションも増える、
幸せをつくりだす調理器具として「低温スチーミング電気鍋ひらやま蒸し器」が
広まるといいなあと思います!


低温スチーミング電気鍋「ひらやま蒸し器」
http://hakatagenkai.com/?pid=3440964




低温スチーミング研究会 井上


【2012/11/10 18:00】 TV、雑誌での紹介 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【10月25日】ゆうどきネットワーク キノコの70度蒸しで生活習慣病予防!
先日10月23日放送のNHKゆうどきネットワークで、ものすごく興味深い研究内容が紹介されました。

それは、「70度蒸しキノコの健康効果」です。
その放送内容をピックアップしておさらいしたいと思います。

---------------------------------------------------------

秋の味覚と言えば、「きのこ」
きのこは70度蒸しすると旨みがグンっとアップする、だけでなく、こんな素晴らしいことが!!
秘密を探るためにやってきたのは、東京農業大学。

tokyonodai1.jpg

キノコと言えばこの人!
「キノコのことなら、私にお任せ下さい」と語るのは・・・

tokyonodai2.jpg

江口文陽教授
キノコの成分の解析などキノコの栄養効果などについて研究している、キノコ研究の第一人者です。

「キノコを70℃で蒸すとうまみ成分が非常に高まると同時に、
私たちのからだに対する健康効果がぐっと高まります。」

tokyonodai3.jpg

江口教授は様々な温度できのこを蒸し、その成分の変化を調べました。

生のきのこを100とした時、どのくらいうまみ成分が増えたのかを表すグラフがこちらです。

tokyonodai5.jpg

どのきのこも70℃で蒸した時、もっともグアニル酸が増えていたのです。
きのこには、熱を加えることでうまみ成分であるグアニルさんを作り出す酵素が含まれるんです。

この酵素、温度が低いとあまり働かず、逆に温度が高くても働けません。

tokyonodai6.jpg tokyonodai7.jpg

酵素が最も働きグアニル酸が作られるのが、およそ70度なのです。

tokyonodai8.jpg

さらに、蒸したきのこが血液の流れに与える影響についても調べました。
その結果、70℃で蒸した時にもっとも血液の流れを良くする機能が高まるということが分かりました。

tokyonodai10.jpg

江口教授
「きのこの体を作っているたんぱく質を上手い具合に分解して、健康効果を引き出す。
一般的な生活習慣病に広く、70℃で蒸すことが効果を上げると私は考えています。」

tokyonodai11.jpg

--------------------------------------------------------------------------

こうして見ると、放送時間はたったの2~3分でしたが、ものすごい内容だと思います。

「ためしてガッテン」で低温蒸しの特集があった時にも、「しいたけの旨み天井知らず!」
という内容がありました。
あの時は「66度の温度帯ではきのこのうまみ成分グアニル酸がずーーーっと増え続ける」という
話しでした。だから、蒸せば蒸すほど美味しくなる!という理屈。
今回は、グアニル酸を増やす酵素の働きが出てきました。

そして次の研究結果、「血液の流れを良くする効果」に注目です。
「70℃蒸しによってたんぱく質を分解し、健康効果が引き出される」とのこと。

体に悪いものが分解され、いい成分だけ残る。

今回はきのこでの研究データでしたが、他の食材でも同じようなことが起こっている可能性があります。
低温蒸しの食材を食べていると、本当に体調がいいのです。
たまに外食するとてきめん!
違いを感じます。
しかし、悪いものはすぐに体外に排出しようと体が働くので、すぐに便に出てくれてスッキリします。

育ち盛りの子どもや病気の方など、特に食べ物に気を使う必要がある人たちに
低温蒸しをオススメしたいと思います。

NHKさん、貴重な研究データをありがとうございました!



低温スチーミング研究会 井上




今月いっぱい、10月31日まで感謝価格でご奉仕中。
低温スチーミング電気鍋「ひらやま蒸し器」



【2012/10/25 19:14】 TV、雑誌での紹介 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<前のページ | BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。