低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【12月22日】 低温蒸し お正月料理
低温蒸しした食材で作ったお正月料理をご紹介します。

まずは博多雑煮から。
お雑煮は、各地方でそれぞれ特徴がありますが、
博多雑煮には、ブリが入るのが特徴です。

博多雑煮

<博多雑煮>

材料・・・70℃で蒸したブリ、85℃で蒸した根菜(大根、人参、蓮根など)
     70℃で蒸した椎茸、かつお菜(50℃洗い)、もち

ブリの低温蒸し 70℃ 30分

ぶり蒸し ブリあく

魚類は、低温蒸しするとアクが出るので、バットに棚網をセットし
その上に魚を置いて蒸すと、アクがバットに溜まり、水が汚れません。
右の写真が低温蒸し後です。
バットと魚表面にアクがたくさん出ています。
アクを取ることにより、臭みが抜けより旨みが感じられます。

作り方
だし汁に材料を入れ、薄口しょう油で味を調え、香り付けに生醤油を加えます。
ひと煮立ちさせ、焼餅を入れたら出来上がり。


他にも、なま酢やがめ煮なども、低温蒸しした素材を使うことで
簡単に作ることが出来、色鮮やかに仕上がります。
そして何よりも、素材の旨みが生きていておいしい!!!

筑前煮 なま酢

今週は、低温蒸しを使ったお正月料理をご紹介させていただきますので、
お正月休みを利用して、ぜひ低温蒸しの良さを体験して下さい。



--------------------------------------------------------------


低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」の販売ページはこちら→博多玄海 Web Shop

イメージ写真①


新発売!「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590円 → 限定価格(2010年12月31日受付まで) 15,590円

専用温度計、レシピ集プレゼント




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767

スポンサーサイト

【2010/12/22 17:10】 低温蒸し 料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【12月24日】 低温蒸しQ&A 蒸した食材が美味しくない・・ | BLOG TOP | 【12月21日】 低温蒸し 蒸し大根カナッペ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/96-1bb37fcd


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。