低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【12月16日】 50℃洗いの驚異
ガス式と電気式の鍋、どっちにしよう・・・と迷っているあなたへ。
まずは、低温蒸しの前に「50℃洗い」をオススメします。

これは、鍋がなくても誰でも簡単に出来ます。
必要なものは、深めのボウルと温度計。

50度洗い準備

基本的にはどんな食材でも洗えますが、より適した食材としては、
下記のようなものが挙げられます。

葉野菜類・・・ほうれん草、春菊、水菜など
果野菜類・・・トマト、茄子、ピーマンなど
果物類・・・みかん、リンゴ、イチゴなど何でも

50℃で洗ったら煮えちゃう!と思われるかもしれませんが、
だまされたと思って、とにかく試してみて下さい。

今日は、春菊とミニトマトを洗います。
やり方は簡単。
ボウルに50℃のお湯をため、食材を入れてジャブジャブ洗うだけです。

50度湯

ミニトマトなら2、3分お湯につけながら洗います。
お湯は熱いので気をつけてください!

トマト洗い1 トマト洗い2

葉野菜は30秒ほど。茎から葉先まで湯につけて振り洗いします。
葉が広がって、汚れが良く落ちます。

水菜洗い1 水菜洗い2

ピーマン、茄子、キュウリ、みかん、リンゴなどは5、6分回し洗いして下さい。
この時、お湯の温度が45℃以下にならないように注意します。

さてさて、洗う前と洗い上がりを比べてみましょう。

 ↓洗い前
洗い前
 ↓洗い後
洗いあがり

見た目にもボリューム間が増していますね。
色も、より鮮やかになっているようです。

トマトは皮が弾けそうなくらいパツンパツン!
春菊は、葉がシャンとなり、香りが立ちました。
洗う前よりも断然元気になっています!!

実は、洗って直ぐよりも時間を置くほうが、より効果を感じます。
トマトは1週間以上パンパンのまま美味しく食べられ、
春菊など葉野菜もシャンとしたまま保存できます。

食材が蘇る50℃洗いの不思議を、是非ご自身で体験してみて下さい。




--------------------------------------------------------------


低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」の販売ページはこちら→博多玄海 Web Shop

イメージ写真?


新発売!「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590円 → 限定価格(2010年12月31日受付まで) 15,590円

専用温度計、レシピ集プレゼント




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767

スポンサーサイト

【2010/12/16 17:16】 その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【12月17日】 低温蒸し トマトペースト | BLOG TOP | 【12月15日】低温蒸し鍋 ガス式、電気式の特徴>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/92-5d30002b


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。