低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
蒸しトマト
中島の発見・・その②

 今日は、トマトを60℃・70℃・80℃と3段階に温度を変えて蒸してみる。
 時間はそれぞれ30分。
 料理内容によって、蒸し温度が異なるらしい・・・
 例えば、サラダ用は60℃、ソース用は80℃など。
 蒸し温度でいったいどんな違いが出るのか楽しみ!
 
 今、60℃のトマトが蒸しあがり、汗をいっぱいかいたトマト登場!
 見た目には生のトマトと何ら違いは感じないものの、さて、お味は?
DSC00335.jpg

 食感は生のトマトと同じだけど、味は濃い。
 甘み酸味のバランスがよくて美味しい!
 皮もしっかりしている。でも、口に残ることなく、普通に食べてしまった。

 次は70℃蒸し。はてさて、60℃蒸しとどんな風に違うのかしら?
 あっ、2つ蒸した内の1つは皮がはがれている・・・
 色も鮮やか!では、お味見を・・・^0^
DSC00338.jpg

 あれ~!?同じトマトだっけ?というくらい味が全然違う・・
 食感も面白い。なんと表現したらいいのか?
 ぷるぅっ、ぎゅにゅっ、ジューシー、味は爽やかなフルーツみたい。
 たった10℃の違いでこんなに味が変わるなんて!

 だったら、80℃蒸しはどうなるのかな?
 予想通り、2つとも皮がはがれている。1つは縦に、1つは横にきれいに線が入ってる。
 どれどれ、味見、味見・・^0^!
DSC00343.jpg

 完全に火が通った味。酸味が消えて甘みたっぷり。
 これをつぶせばトマトソースのできあがり!?
 
 


低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」のご購入は、
博多玄海Web Shopへ。


スポンサーサイト

【2010/08/26 18:09】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ひらやま蒸し鍋のここがスゴイ! | BLOG TOP | 低温蒸しと通常蒸しの違い>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/9-91b72c54


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。