低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【11月17日】 低温蒸し ごぼう
今日は、ごぼう蒸し。

ごぼうと言えば、キンピラ。
毎日食べてもいい定番メニューですが、手間がかかるイメージで
意外と食卓に登場しないような気がします。

私の場合、一人暮らしで1度に食べる量も少ないので、
ごぼうは食べたいけど、買うのは躊躇しがちです。
長くて場所もとるし・・・

しかし、カットして低温蒸ししておけば、保存も料理もしやすく、
冷蔵庫を開ければ入っている、という身近な食材になりました(^-^*)

ごぼうは2、3本入りで売っているので、1本はささがき、1本は乱切りで蒸します。

ささがき蒸し 乱切り蒸しはじめ

ささがき・・・85℃30分
乱切り・・・85℃45分

蒸しあがって、下段鍋の水を捨てるときにびっくり!!
すごいアクが出ていました。
このアクが落ちることで、ごぼうの旨みが引き出されます。

今回は別々に蒸しましたが、同じ温度なのでまとめて蒸して、
途中でささがきを取り出しても大丈夫です。

タッパー保存

こうして冷蔵庫で保存しておけば、食べたい時に食べたい分だけ
さっと料理できます。

今日は勢いに乗って、キンピラまで作りました。
シャキシャキして、ごぼうの香り、旨みもあっておいしい!!
今まで食べていたごぼうのキンピラって、調味料の味が勝っていて、
ごぼう自体の味はしていなかったんだと発見。

きんぴら

ぜひ皆さまも、「低温蒸し」で風味豊かなキンピラを作ってみて下さい。
アクの強い野菜はとくに、新しい美味しさを感じられるはずです。



--------------------------------------------------------------


低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」の販売ページはこちら→博多玄海 Web Shop

イメージ写真①


新発売!「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590円 → 限定価格15,590円

専用温度計、レシピ集プレゼント




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767

スポンサーサイト

【2010/11/17 17:18】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【11月18日】 低温蒸しについて・・・ | BLOG TOP | 【11月16日】 低温蒸し 目玉焼き>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/71-d482a686


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。