低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【10月23日】 低温蒸し春菊
これからの季節・・鍋料理の脇役!?春菊を蒸してみました。
春菊の持つ、あの独特なえぐみ・にがみ・・が果たして
どうなるのか・・・?蒸しあがりが楽しみです!

蒸す前



今回は、
    50℃洗い(50℃蒸しではなく洗いです)
    65℃20分蒸し
    80℃10分蒸し

まずは、50℃洗い。
葉野菜なので、食感を感じるために「50℃洗い」にしました。


50℃洗い②

葉っぱがシャキッ!と蘇えったようになりました♪

では、では、65℃と80℃蒸しはどうでしょうか・・・
見比べるために、50℃洗いも並べてみます。

蒸しあがり3種

見た目にも違いがわかります。

次に味は・・・

”発見です!!”

味の前に「風味」が違います。

50℃洗いは、生の状態でより新鮮さを増しているよう。
65℃蒸しは、春菊の持つ特性が強く現れているようで、風味が増しています。
80℃蒸しは、春菊のすっきりした風味がします。

味は、旨み・香りを重視するなら80℃蒸しでしょう・・・!
しかし、春菊のあのにがみが好きな人には65℃蒸しはオススメです。

鍋料理のお供には、50℃洗いを、
おひたしには、80℃蒸しをオススメします♪♪

80℃蒸しあがり②



--------------------------------------------------------------


低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」の販売ページはこちら→博多玄海 Web Shop

イメージ写真①


新発売!「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590円 → 限定価格15,590円

専用温度計、レシピ集プレゼント




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767











スポンサーサイト

【2010/10/23 15:36】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【10月26日】 低温蒸し 茶わんむし | BLOG TOP | 【10月22日】 低温蒸し 白菜>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/54-0474fa56


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。