低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【10月4日】 低温蒸しランチメニュー
9月25日の低温蒸し教室のご報告がおくれております・・(汗)

まずは、教室の時のお昼ごはんのメニュー紹介をします。

DSC07779.jpg

メインは手前、(なぜか・・?)北海道の漁師料理「ちゃんちゃん焼き」風。
低温蒸ししたキャベツ、もやし、きのこ、ピーマン、じゃがいもなど9種類の野菜を
鍋で炒め合せ、味噌ダレとバターで味付けします。
70℃で蒸した鮭の両面を軽くあぶったものを横に添えます。

鮭をほぐしながら、野菜と一緒に食べます。

ちゃんちゃん焼きは、鮭にたくさんの野菜をのせて、蒸し焼きにして食べるゴーカイな漁師料理。
野菜と鮭と味噌の組み合わせが絶妙なおいしさなのですが、ごった煮のようになって
それぞれの味は分からなくなってしまうものです。

それが、低温蒸し野菜と鮭だと、それぞれの野菜の味と食感も楽しみながら、
バランスの良い味のハーモニーも楽しめるんです。
野菜シャキシャキ、きのこシコシコ、鮭はしっとり。
おーいしーい!!!
いくらでも食べちゃいそうでした。

左奥は、博多玄海特製オリジナルピクスル。
低温蒸しした野菜を特製ピクルス液に漬け込むこと、一晩・・
シャッキリ野菜のうまみもあり、ちゃんと液が浸透しておいしく出来ました。

右奥は、これが出来ればあなたも低温蒸しマスター!65℃蒸したまごです。
黄身を割るとこんな状態。

DSC07803.jpg

まさにゼリー状。
たまご独特の臭みやいやみが全くなく、たまごってこんなに甘かったっけ?
というオドロキのおいしさです。

あとは、おにぎりと「呉汁」。

DSC07795.jpg

発酵玄米のおにぎりに黒ごまをまぶしました。
「呉汁」には、ショウガをたっぷり入れて・・大好評でした。

他にも、低温蒸しの食材をたくさん食べて頂いたので、お昼自体は軽め・・でもないかな?

使用した食材の蒸し温度は下記の通りです。

<ちゃんちゃん焼き風>
キャベツ、もやし、玉ねぎ、椎茸、えのき、エリンギ・・・70℃
人参・・・80℃
ピーマン・・・60℃
じゃがいも・・・85℃
鮭・・・70℃

<ピクルス>
ピーマン、パプリカ、セロリ、きゅうり、キャベツ・・・60℃
玉ねぎ、人参・・・70℃
ブロッコリー・・・80℃

<蒸したまご>
卵・・・65℃




--------------------------------------------------------------


低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」の販売ページはこちら→博多玄海 Web Shop

イメージ写真①


新発売!「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590円 → 限定価格15,590円

専用温度計、レシピ集プレゼント




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767







スポンサーサイト

【2010/10/04 18:36】 低温蒸し 料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【10月5日】 低温蒸しQ&A 蒸し温度について | BLOG TOP | 【10月2日】低温蒸し 栗>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/37-a537e08b


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。