低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
「ひらやま蒸し鍋」IHでの使い方
IH調理器での「ひらやま蒸し鍋」の利用について、お問い合わせを頂いております。

IHの場合、下段の鍋をIH専用の26センチの鍋かフライパンに変えてご使用下さい。


<IH調理でのポイント>

1、鍋(フライパン)にはる水の量は多めにする

2、水を入れて設定温度に達するまでレベル3(170)くらいで、じわじわと温度を上げる

3、設定温度に達したら、電源を切らずにレベル1(150)~2(160)にセットする


では、早速IHでかぼちゃを蒸してみます。
手持ちのフライパンがちょうど26センチでした。
フライパンに8分目くらいまで、なみなみと水を入れて蒸し器をセットし、スイッチオン!

IHかぼちゃ1

80℃になったら、レベル1(150)に下げる。
そのまま85℃くらいまで上昇して、その後はゆっくり下がって80~83℃をいったりきたり。

IHかぼちゃ2

そのまま30分つけっぱなしで蒸しあがりました。

IHかぼちゃ3

味は~・・・(^ー^)

ちょっと食感が残ってるから、サラダに最適。
つぶしてスープにしたり、おしょうゆで味を付けて煮物に良さそう。

IHも意外と温度調節は簡単でした。
ポイントは、最初の温度を一気に上げないことと、
電源を切らずに低いレベルで温度維持することです。


低温蒸しについて何かご質問がありましたら、お気軽にご連絡下さい。

博多玄海
TEL 092-572-5767
Email teionmushi@hakatagenkai.com

スポンサーサイト

【2010/09/28 17:08】 低温蒸し専用鍋について | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<低温蒸し ほうれん草 | BLOG TOP | 低温蒸し教室@福岡 無事終了>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/30-8a3f903d


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。