低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【1月31日】今が旬!低温蒸しで、簡単おいしい大根レシピ
今日の主役は、今が一番おいしい大根です。

daikon1.jpg

まずはおなじみの50度洗い。
半分に割って数分お湯に付けます。
温度が下がったらお湯を足してください。

daikon2.jpg

低温蒸しは、上半分と下半分で温度を変えます。
下の水分をたくさん含んでいる部分は60℃蒸し、
上の甘みが強い部分は92℃蒸しです。

60℃40分蒸し スタート
大根は皮付きのまま、半割りにして。
ついでに人参も一緒に蒸しました。
                       蒸し上がりです。
daikon3.jpg → daikon6.jpg

60℃蒸しの大根は、大根おろしやサラダとして食べるのに最適です。
蒸して保存しておけば、水分を保った瑞々しいまま保存できます。
大根おろしにして保存することも出来ます!

今日は、だしで軽く煮込んだシャキシャキ温サラダをつくります。
蒸し上がった大根と人参をピーラーで細長く切っていきます。

daikon10.jpg

それを、だしに醤油と塩で味付けしたスープに入れます。

daikon12.jpg daikon13.jpg

だしは沸騰させないことがポイント。
鍋のまわりに気泡がついてクツクツいいはじめたら火をとめてフタをして蒸らします。
これで出来上がり。器に大根と人参をいれ、だしを回しかけます。

daikon14.jpg daikon15.jpg

細長く切った大根と人参のシャキシャキした食感としっかり染みただしが美味しい!
いくらでも食べられそうです。
85℃で10分蒸した大根の葉をあしらいました。
スープも大根の味がでて美味しくなります。

daikon16.jpg


さて、甘みの強い上の部分です。
厚めの輪切りにして皮を向き、面取りしてから蒸します。
92℃ 60分以上  
                       蒸しスタート            蒸し上がり
daikon4.jpg daikon8.jpg → daikon9.jpg

そのまま食べてもおいしいくらいあまーくなります。
含め煮もとっても簡単!
ひたひたくらいのだし汁につけてひと煮立ち。
あとはフタをして蒸らします。
一度冷ました方がよりだしの味が染みこみます。

daikon17.jpg daikon18.jpg

今年は寒いので特に大根が甘くなっているそうです。
旬の大根を、おいしくたくさん食べましょう!!

daikon19.jpg



低温スチーミング研究会


スポンサーサイト

【2013/01/31 20:43】 低温蒸し 料理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【2月20日】低温蒸しで絶品!自家製ヨーグルト | BLOG TOP | 【1月22日】白菜使いきりメニュー「丸ごと1玉 白菜鍋」>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/244-0fdc8c3f


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。