低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【8月6日】読売新聞から取材
今日は、読売新聞さんより取材を受けました。

女性の記者さんがやってきて、「低温蒸し」がどうやってうまれたのか、
また私たちがどうやって出会って取り入れていって、専用鍋の製造販売まで
するようになったのかなどの背景から詳しく聴かれました。
もちろん、低温蒸しがどういうものか、そのメリットなどもお話しして、
低温蒸し野菜をいくつか試食していただきました。

野菜の甘みにビックリされて、個人的にもかなり興味を持たれたようです。
女性の方は特にお子さんの食事に気を使ってあるので、野菜がおいしく
たくさん食べられるのは魅力なのでしょう。
「鍋が欲しい」「料理教室来ようかな」とつぶやいてらっしゃいました(^・^)

低温蒸しのメリットは、なんと言っても「アク」がとれること。
苦味や渋みがなくなって美味しくなるのはもとより、それによって
身体に悪い成分が除去されているのです。
毒出し「デトックス」という言葉が使われるようになって数年になりますが、
最初から毒を身体に入れないですめば、それに越したことはありません。

低温蒸し料理を食べている人には分かることですが、本当に身体が変わります。
一番分かりやすいのはお通じです。
赤ちゃんのようにキレイな便がでるようになるし、たまに外食でこってり料理
された肉など食べると、翌日は黒っぽい便がドカ!っと出ます。
悪いものを身体から排泄する力が強くなっているようです。

読売新聞では、8月19日の生活面でカラー写真入りの記事になるようです。
全国版ではない・・・と思いますが。
掲載されたら、またご報告したいと思います。

九州の方は8月19日は読売新聞見て下さいね~!!
お楽しみに。


スポンサーサイト

【2012/08/06 17:26】 TV、雑誌での紹介 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<8月の低温蒸し教室のご案内 | BLOG TOP | 【8月2日】低温蒸し とうもろこし>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/226-dd9b62f3


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。