低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【8月2日】低温蒸し とうもろこし
暑い暑い毎日が続いています。
夏の野菜がおいしい季節ですね。
低温蒸しで、より美味しく食べましょう。

田舎から採れたてのとうもろこしが送ってきました!
これは鮮度が命。
すぐに低温蒸しです。

2012_7_31tomorokoshi1.jpg

ポイントは、皮ごと蒸すことです。
蒸し温度・・・85℃
蒸し時間・・・1時間30分

2012_7_31tomorokoshi2.jpg

温度が上がったらとうもろこしを入れて低温蒸しスタート。
あとは鍋任せ。
1時間30分のタイマーが終了したらピーピーピーという音がなり、
自動で停止します。

2012_7_31tomorokoshi3.jpg

温度自動制御の電気式鍋だと、ほったらかしで低温蒸しが出来上がります。
その間に他の家事をこなしたり、ちょっとお買い物に出たりしても大丈夫。

さてさて、出来上がりました。
ふたを開けると、とーってもいい香り!
85℃蒸しは、湯気や鍋本体もかなり熱くなっていますので気をつけましょう。

2012_7_31tomorokoshi4.jpg

アチチ!と言いながら皮をはいで中身チェック。
一粒一粒がパンパンにふくれて、色もきれいでツヤツヤです。
成功!

2012_7_31tomorokoshi5.jpg

切り口はこんな感じ。
とうもろこし一粒一粒の瑞々しさが見えるでしょうか?
そしてなんと言っても、「あま~~~い」(*^o^*)
フルーツみたいにジューシーで甘いとうもろこし出来上がり!

2012_7_31tomorokoshi6.jpg

一度低温蒸しで食べたら、もう戻れない美味しさです。
新鮮なとうもろこしが手に入ったら、是非お試し下さい。



低温スチーミング研究会 井上


スポンサーサイト

【2012/08/02 15:38】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【8月6日】読売新聞から取材 | BLOG TOP | 【6月23日】低温蒸し教室 ラタトゥイユ作り>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/225-da812436


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。