低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【6月23日】低温蒸し教室 ラタトゥイユ作り
今回は、みなさんにも実際50℃洗いや低温蒸しを体験してもらいながら、
夏野菜の煮込み料理「ラタトゥイユ」を作ります。

DSC04375.jpg

この野菜は今朝スーパーで買ってきました。
最近話題沸騰の50℃洗いももちろんやりますよ。
そして、50℃洗いした野菜で作るラタトゥイユと
さらに低温蒸しした野菜で作るラタトゥイユを比べてみたいと思います。

DSC04379.jpg

今回は、小さなお子様を連れての方がお二人、そして男性も3名と多めの参加でした。
全くはじめての方から、自家菜園の野菜を50℃洗いや低温蒸しでさらにおいしく
食べてあるベテランさんまでいらっしゃいましたので、低温蒸しの基本的な
お話しから、さらに発展した食べ物の陰陽・酸アルカリについての資料も
お配りして、「食」に関する情報を発信させていただきました。

50℃洗いは、やってみると簡単だということが実感して頂けます。
また、お湯の量を多めにすると意外に温度は下がりません。
ナスやズッキーニは3分ほどつけ洗いしました。
ピーマンとパプリカは2分くらい、玉ねぎは皮を剥いて半割りにして5分。

それが終ったら、野菜のカットです。
ラタトゥイユは野菜を大きめに切る方もあるでしょうが、
食べやすい一口大より小さめのサイズに切りました。

DSC04389.jpg

トマトとにんにくはあらかじめ低温蒸し処理しています。
トマトは55℃で60分(3パックと量が多かったため時間長め)
ニンニクは皮付きのまま80℃で30分蒸しました。
トマトはザク切り、ニンニクは微塵きりにします。
このニンニク、実はそのままでも食べられますので、
みなさんには試食して頂きました。
食べたらニンニクの風味なのに、人には匂わないという不思議なニンニクです。
トマトも低温蒸しすると甘み旨みがたっぷりになります。
その美味しさに皆さんビックリ!!

DSC04390.jpg

オリーブオイルとにんにくとトマトが味のベースになります。

さて、野菜をカットしている間に低温蒸しの予熱が完了しました。
野菜をザルに入れて70℃で蒸します。
電気鍋をお持ちでない方もいらっしゃるので、ボウルを返して
ガス火で蒸す方法も実演しました。

DSC04384.jpg

野菜を入れると温度が下がりますが、ここで慌てず弱火~中火で
ジワジワと温度を上げます。
ゆっくりと温度を上げる方が温度の安定がよくなります。

DSC04387.jpg

電気鍋だと、温度と時間を設定すれば勝手に蒸しあがるので、やはりラクチンです。
他の家事をしながらでも安心安全。
お子様がいらっしゃるような忙しい家庭ではやはり電気がオススメですね。

DSC04393.jpg

低温蒸しをしている間に、50℃洗い野菜のラタトゥイユを作ります。
これは通常の作り方と全く同じで、ニンニクをオリーブオイルで炒めたら、
火の通りにくいものから順に野菜を炒めていきます。
ナスとズッキーニは油をたくさん吸うので、オイルを追加しました。
全部炒め終わってしんなりしたら、トマトを入れて塩コショウで味付け。
ブーケガルニとローリエを入れて10分ほど煮込みます。

出来上がった頃に、低温蒸しが終りました。
一段と色鮮やかになったようです。香りもいい!
この状態ですでに、美味しく食べられます。

DSC04392.jpg DSC04396.jpg

ここから先はとっても簡単。
まずはオリーブオイルでニンニクを炒めます。

DSC04398.jpg

いい香りが出たら、そこに蒸した野菜を一気に投入!
すでに火が通った状態なので、一種類ずつ野菜を炒める必要はありません。
全体が少ししんなりなるまで(2,3分ほど)軽く炒めます。
全体に油が回ったら、トマトを入れて混ぜ合わせます。

DSC04402.jpg DSC04407.jpg

味付けは同じ、塩コショウとブーケガルニとローリエです。
全体が良く混ざったら、グツグツなっている状態で3分煮込みます。

DSC04411.jpg

煮込んでるのに、こーんなに野菜が色鮮やか!!!
低温蒸し野菜のラタトゥイユは、わずか10分程で出来上がりました。
一方、50℃洗い野菜のラタトゥイユは、炒めに15分くらい、煮込みに10分くらいの30分弱。

出来上がりはこのようになりました。
写真が上手じゃなくて違いが分かりにくいですね・・・
だけど、右のほうがズッキーニの皮のグリーンが濃いのが分かるでしょうか?
左が50℃洗い野菜、右が低温蒸し野菜のラタトゥイユです。

DSC04416.jpg DSC04417.jpg

味は、かなり違いがあります。
50℃洗い野菜のラタトゥイユももちろん美味しいです。
普通に比べれば煮崩れは少なく、素材の味が活きています。
だけど低温蒸し野菜のラタトゥイユはもっと違う!
食べたら、シャキシャキいいます。
野菜の旨みが濃縮していて、スープもとっても美味しいです。

参加者の皆さんも
「低温蒸しの方が「野菜を食べてる」っていう感じがする」
「スープの味が全然違う。比べると50℃洗いの方が雑味を感じる」
と絶賛の声。
そして、鍋いっぱいに作ったのにナントナントの完食。

講座の途中で、1階店舗で販売している蒸し野菜の試食も出しました。
キャベツ、人参、玉ねぎ、エリンギ、アスパラでしたが、
みなさん良く食べられました。
特にチビちゃんの人参の食べ方、ハンパなかったです。
「食らいつく」感じでしたね(笑)
口に入らないくらい詰め込んでました(^o^;)

教室の時はいつもそうなんですが、試食の減りがすごい。
今回は特に、食事の時間ではなかったので、味見程度かなと思ってました。
そしたら、「味見」がずっとつづいてついに完食!!

これこそ、「低温蒸し」の力だと思います。
低温蒸し野菜は、ほんとに美味しいんです。
そして消化の負担にならないので食べていて気持ちがいい。
だからどんどんたくさん食べられます。

みなさん、実は「野菜不足」なのでは?

野菜を摂った方がいいのは分かってるけど、
野菜をおいしく食べるのって意外と難しいものです。
調理に手間もかかります。
だから焼くだけ美味しく食べられる肉や魚が多くなりがち。
だけど、蒸すだけで美味しくなるなら、簡単じゃないですか?

身体も、野菜を欲しているはずです。

今回の参加者の方の中には、ご家族にガンが発見されて、
食べられるものが極端に減り、「せめて食べられるものくらいは
美味しいものを食べさせてあげたい」という方がいらっしゃいました。

今日の低温蒸し教室の内容がお役に立てればいいなあと願ってやみません。

15時半までの予定を大幅オーバーして終了。
その後も、徳島から来られた熱心な受講者の方の質問が続きました。

低温蒸しのよさを分かって頂けて本当にうれしいです!!!!

ご参加くだっさたみなさま、ありがとうございました(^o^)/



低温スチーミング研究会 井上
スポンサーサイト

【2012/06/23 20:23】 低温蒸し教室 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【8月2日】低温蒸し とうもろこし | BLOG TOP | 【6月4日】低温蒸し情報サイト オープン!!>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/224-e0d218d7


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。