低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【4月5日】低温蒸し パイナップル
今日は、低温蒸し研究所(!?)にTV局からお客様が!
福岡の地方情報番組なのですが、低温蒸し教室の様子を
取材したいとのことで、打ち合わせでした。

企画の方はこのブログを見てあったようで、パイナップル蒸しは
TVに出してもおもしろそうとのこと。
確かに、ケーキみたいに切れて芯まで食べられるのは、
見た目にもインパクトありそうですね。

そういうわけで、打ち合わせのためにパイナップル買ってみました。
フィリピン産の198円のもの♪

パイナップルは、70℃で2時間が基本です。

今日はためしに、75度で1時間蒸してみました。
頭の葉っぱを落として丸ごと蒸します。横に寝せてもいいです。

DSC_1680.jpg

しかし1時間後、私のカンではなんとなくまだな感じ・・・
蒸し器から出したものの、やはり包丁が入らなかったので、
あと1時間追加蒸ししました。

そして完了!
皮の色も緑っぽかったのが黄色から茶色っぽくなります。
ふたを開けると、あま~いいい香りがほわーん(*^-^*)

DSC_1685.jpg

そして、注目の入刀です!!!
さく~ぅ♪

DSC_1686.jpg DSC_1687.jpg

そうそう。この感じ!
1時間でいっかい出したのでちょっと心配でしたが、ちゃんと出来上がっています。
よーく熟れたパイナップルみたいになってます。
芯にもスッと包丁が入って、切るのもラクラク♪

DSC_1689.jpg DSC_1690.jpg

ほかほかのパイナップル、上手に切れました。
皮も柔らかいので、かなり皮に近い部分まで食べられます。
そしてこのみずみずしさ!!!

DSC_1693.jpg

かじると、じゅわわ~っとあまーいジュースが口にひろがります。
そして芯まで食べられちゃうからスゴイ!
しかも、パイナップル独特の口の中がシカシカする感じがないのです。

DSC_1694.jpg

ものすごく甘いけど、何故か後口はサッパリ。
たぶん、自然に完熟させたらこうはならないと思います。
この甘みに達する頃には熟しすぎて腐敗が始まりそう。
そしてもちろん、芯は食べられないし。

低温蒸しならではの技です。
電気蒸し器があれば、温度と時間をセットするだけなのでカ~ンタン♪
ぜひお試し下さい。

DSC_1696.jpg


ちなみに、TVの取材の話しですが、7分間の生中継という話が
収録に変わりそう。
確かに、低温蒸しはそうカンタンに分かってもらえるものでもないんですよねー。
見た目よりビックリするのは味の違いだし。

予定よりも放送は先になりそうですが、より良い紹介の仕方をしてもらえたらうれしいなと思います。
決まったらまたご報告させて頂きます。
どうぞお楽しみに!


スポンサーサイト

【2012/04/05 19:01】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【4月10日】低温蒸し 蒸し時間について | BLOG TOP | 【3月30日】低温蒸し イワシ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/205-7af62d9c


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。