低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
1月28日 低温蒸し教室の報告
1月28日土曜日は、アチェート・カフェさんで、
初めての低温蒸し教室(試食とお話会)でした。

カフェスタッフの方々も交えてのアットホームな勉強会。

1月教室1

低温蒸しを分かりやすくまとめて頂いていた2009年7月放送の「ためしてガッテン」のDVDを見て、その後実際低温蒸し野菜を試食して頂きました。
味をつけないそのままの野菜の旨み、甘みにみんなビックリ!!
(写真を撮り忘れました・・・)

それぞれの野菜蒸しについて説明をし、低温蒸しがおいしいわけ、
低温蒸しのメリットをお話し。
「低温蒸しはおいしいのはもちろん、低温蒸しを食べていると身体が変わってしまう」という話にみなさん聞き入っていらっしゃいました。
途中で質問もして頂きながら、お話しを進めました。

そうこうしているうちに、パイナップルが蒸し上がりました。
蒸し器から出てきたパイナップルに、サクッと入刀!

1月教室2

皮も芯も柔らか!!
切り分けると、あっという間になくなってしまいました。
はちみつ漬けにしたような甘さ、だけど後味はサッパリ。
芯まで食べられるパイナップルにみんなビックリ。

1月教室3

そして次は50℃洗いです。
トマト、ネーブル、水菜、イチゴを50℃のお湯につけて洗います。
トマトやネーブルは5分ほどつけておきます。
水菜はさっとお湯の中で振り洗いする程度。

1月教室4

50℃洗いのものと水洗いのものと食べ比べました。
食感も味も、全然違う!!
水菜は50℃洗いの方がシャキシャキして甘みが出ています。
水洗いはクセや臭みを感じます。
トマト、ネーブル、イチゴはより甘く、味が凝縮したような感じです。

1月教室5

みなさん、温度のマジックをしっかり感じていただけました。
料理のプロもご参加いただき、様々なアイデアが湧いてこられたようで、
教室後は新しいメニュー開発の話で一盛り上がり↑↑
これからまた、アチェートカフェさんのお料理がさらにレベルアップすることでしょう。
そうやって、低温蒸しを実際役に立てて頂けることが何よりです。

次回は3月24日(土)に開催します。
興味のある方は是非ご参加下さい!!


スポンサーサイト

【2012/01/30 15:16】 低温蒸し教室 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【2月2日】NHKクローズアップ現代に平山一政先生出演! | BLOG TOP | 「低温蒸しってなあに??」低温蒸し入門教室のお知らせ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/202-f96a8d73


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。