低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【8月17日】低温蒸し とうもろこし
もぎたてのとうもろこしを頂いたので、今日はこれを蒸します!
とうもろこしは鮮度が命。
手に入ったら出来るだけ早く蒸しましょう。

とうもろこし1生

いつもは皮を付けたまま蒸していますが、今日は試しに、
皮をむいて蒸すのと、皮をむかずに蒸すのと比べてみます。

とうもろこし2蒸し前

どちらも85℃で40分です。

とうもろこし3皮なし蒸しスタート とうもろこし5皮付き蒸しスタート

蒸しあがりました。いい香り~(*^_^*)

とうもろこし4皮なし蒸し上がり とうもろこし6皮付き蒸し上がり

あちあち!と言いながら、皮をむいてみます。
わああ!キレイ!!

とうもろこし7皮はぎ

やはり、皮付きのままで蒸したものの方が、水分が飛んでいない分
身の縮みがなく一粒一粒が丸々しています。はじけそう!
左が皮をはいで低温蒸し、右が皮を付けたまま低温蒸ししたとうもろこしです。

とうもろこし8比較皮なし蒸し とうもろこし9比較皮付き蒸し

食べた感じも、皮むき蒸しの方がやわらか。
だけど味は、皮をむいて蒸した方が甘みが出ていました。
もしかしたら、皮付きはもう少し長く蒸してもいいのかも。

とうもろこしは、皮付きのまま、85℃、60分蒸しでどうでしょう?
試してみてください!




--------------------------------------------------------------

< 好評発売中 >

素材の味がググっとおいしくなる!!
商品写真2
低温スチーミング電気鍋「ひらやま蒸し器」
価格68,250
レシピ集プレゼント、送料サービス


・ 火を使わないので安全安心
・ 温度は自動制御、タイマー機能付きで、セットすれば後は鍋におまかせ




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767



スポンサーサイト

【2011/08/17 17:33】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【8月18日】お客様からの質問 50℃お湯洗浄のタイミングは? | BLOG TOP | 【8月9日】低温蒸し 枝豆>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/187-399fbc4f


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。