低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
まずは70℃蒸しから♪
新しい「ひらやま蒸し鍋」で、まずは70℃蒸しをマスターしましょう!

「温度計を見ながら火加減を調節するなんて面倒」
「ほんとにちゃんと出来るの?」

そんなお問い合わせを頂いていますが、心配無用です。

早速、玉ねぎの70℃蒸しをしてみましょう。
玉ねぎを2個、スライスしました。

DSC07509.jpg

このくらいの分量蒸すのがオススメ。
網カゴに広げて入れて、蒸気が食材全体に回りやすいようにしましょう。
鍋をセッティングしたら、食材を入れた網カゴをいれフタをして、
火を付けます。火加減は弱火~中火。

極弱火のきくコンロがオススメです。

DSC07511.jpg  DSC07514.jpg

このまま待つこと約12分。
65~68℃(蒸し温度の3度下)くらいになったら火を止めます。

DSC07528.jpg

火を止めても温度は上昇します。
70℃(蒸し温度)になったら、タイマーで30分(蒸し時間)セット。

DSC07540.jpg

10分~15分は火を止めたまま、余熱でOK。
温度はまだ上昇しますが、75~76℃くらい上がっても大丈夫です。
設定温度70℃から3度くらい落ちたところで再加熱。

DSC07542.jpg

火は極弱火で2,3分位したらまた70℃になります。
そこで火を止めそのまま10分~15分余熱で蒸せば、できあがり!!




「ひらやま蒸し鍋」の販売ページはこちら→博多玄海 Web Shop

新発売!「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590円 → 発売キャンペーン価格14,490円

(キャンペーンは2010年9月30日まで)


スポンサーサイト

【2010/09/08 17:26】 低温蒸し専用鍋について | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<蒸したまご・・・失敗(;_;) | BLOG TOP | ひらやま蒸し鍋の使い方>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/17-37ef7458


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。