低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【3月14日】食糧不足対策 野菜の鮮度保持のために出来ること
3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様、
関係者の方に心よりお見舞い申し上げます。
また、1人でも多くの命が助かりますように、お祈りしております。

さて、東北地方をはじめ関東以北の地域で、食料品が品薄になってきている
という情報が入ってきております。
そこで、このブログでも何度もご紹介している、野菜の50℃湯洗いを今一度推奨します!!

なぜなら、50℃洗いをすると野菜の鮮度を維持することができ、
日持ちが良くなる
からです。
常温での保管でも生よりも長く鮮度を維持できます。
今、お手持ちの野菜や果物などがある場合は、ぜひ!50℃のお湯で洗っておいて下さい。
お湯が出れば・・・の話しですが。

「野菜の50℃お湯洗い」のやり方をご紹介します。

準備するのは、深めのボウルと温度計。

50度洗い準備

50℃のお湯をボウルに準備します。

50度湯

温度計がない場合は、沸騰した湯に同じ量の水を入れて下さい。
手でお湯を触ると、けっこう熱いけど触れないことはない、というくらい。
人によって差があると思いますが、2、3秒くらいしか手をつけられない熱さです。

そこに、野菜や果物を入れて洗います。

<葉野菜の場合>
葉、茎ともに交互に湯につけ、振り洗い。1~2分程度で大丈夫です。

水菜洗い2 水菜洗い1

ほうれん草、水菜、小松菜、ネギなどすべて同じ。
キャベツやレタスなどの大きなものは、半割りや1/4割りにしたり、
1枚ずつ葉をバラして洗っても良いです。

<果野菜・果物の場合>
50℃のお湯に入れ、回し洗いします。
プチトマトやピーマンは3、4分程度でよいでしょう。

トマト洗い1 トマト洗い2

普通のトマトや果物は大きさにより10分程度お湯につけます。

トマト50度洗い レモン50度洗い

バナナ、オレンジ、いちごも洗います。
バナナは、1週間くらいは黒くならずにおいしく食べられます。

バナナオレンジ50度洗い 50度洗い2

ブロッコリーやカリフラワーなど浮いてくる野菜は、手で押さえながら洗います。
大根や人参など根菜類も同じようにして洗います。

カリブロ洗い1

数分野菜をつけておくと、お湯の温度が下がってくることがあります。
45℃以下にならないようにして下さい。雑菌が繁殖する可能性があります。
(温度計がない場合、手を5秒以上つけられるようになったら下がっている可能性あり)
温度が下がったら、お湯を足して温度を上げます。

カリブロ洗い2  カリブロ50度洗い

洗いあがりはこのようになります。
これは洗ってすぐの春菊とミニトマト。
お湯はけっこう熱いですが、野菜はへたるどころかビシッとシャキッとなり、それが持続します。

洗いあがり縦カット

これは、50℃のお湯洗いの後10日たったピーマンとパプリカです。
信じられないくらいパンパンしていて元気です。味も良くなっています。

ピーマンパプリカ蒸し前

この50℃洗いの効果は、お湯による殺菌効果と野菜の酵素活性
によるものだと考えられます。
熱ショックを与えることで、野菜の酵素が活性化して元気になります。
日持ちが良くなり、野菜が肉厚になってボリュームが増えます。
栄養価が上がっているという研究もされ始めています。

ぜひ、この最新の技術を活用して、貴重な食材を有効に利用しましょう。

これまでの50℃洗いに関する記事は↓こちらです。ご参照下さい。
【12月16日】 50℃洗いの驚異
【1月14日】 50℃洗い再認識
【2月21日】 ほうれん草50℃洗い
【2月26日】 いちご50℃洗い


スポンサーサイト

【2011/03/14 19:21】 その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【3月16日】低温蒸し そら豆 | BLOG TOP | 【3月11日】低温蒸し ニラ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/151-ad9369da


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。