低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【2月24日】低温蒸し ピーマン、パプリカ、きゅうり、トマト
今日は、なぜか夏野菜特集?
色鮮やかなピーマンやパプリカを蒸します。

蒸し前

えええ!こんな野菜を蒸すの?と思われるでしょう。
しかし、生でそのまま食べる野菜こそ、低温蒸しの効果あり!
生臭みが取れ、素材の甘み旨みがグンとアップします↑↑

ピーマン、パプリカ、きゅうり、トマト
蒸し温度・・・60℃
蒸し時間・・・30分

鍋の中

気になる蒸し上がりは、この通り。

蒸し上がり
色は生とほとんど変わっていません。
トマトは皮が柔らかかったのか、割れてしまいました。
いつもだったら、60℃蒸しのトマトは皮が少し破けるくらいです。
(トマト蒸しについてはこちらへ→「蒸しトマト」

味は、やっぱりおいしい!!
ピーマンだって、このカットでポリポリ食べてしまいます。
特有の苦味が消えていて、肉厚でジューシー感があります。
パプリカはフルーツみたいに甘い。

低温蒸ししておくと、このまま新鮮さを保てるのも魅力です。
今日蒸したような痛みが早い野菜は、買ってきて直ぐに蒸しておきましょう。

長期保存なら、ピクルスもおすすめです。
蒸した野菜をピクルス液に漬け、半日ほどおけば完成。

ピクルス液注ぐ ピクルス便

素材の旨みとシャキシャキした食感がずっと続き、
冷蔵庫保存で1ヶ月は美味しく食べられます。


--------------------------------------------------------------

< 好評発売中 >

イメージ写真①
低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」
価格16,590
専用温度計、レシピ集プレゼント、送料サービス


・ 通常の鍋と同じように、コンロにかけて使用
・ 手頃な価格で本格的な低温蒸しが可能


商品写真2
低温スチーミング電気鍋「ひらやま蒸し器」
価格68,250
レシピ集プレゼント、送料サービス


・ 火を使わないので安全安心
・ 温度は自動制御、タイマー機能付きで、セットすれば後は鍋におまかせ




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767
スポンサーサイト

【2011/02/24 17:55】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【2月25日】低温蒸し 人参グラッセ | BLOG TOP | 【2月23日】低温蒸し たまご>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/137-57242ad8


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。