低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【2月5日】 低温蒸し 菜の花・・その2
【2月4日】低温蒸し 菜の花
低温蒸し菜の花のおひたし・・・失敗!!と、書き込みましたが・・・

おひたし3種
なんとなんと、半日経過後、あれほど強烈だった苦味が旨みに変化し、
甘みまで出てきているではありませんか!!!

85℃蒸し・・・程好い苦味を残しながら、旨みを感じる。
       だし汁に30分漬けた後の菜の花と同じ菜の花とは
       思えない味に変化しました。
       欲をいえば、蒸し時間を3~5分程度で仕上げると
       食感も更によくなるでしょう。

70℃蒸し・・・菜の花の特徴を最大限に生かし、味のバランスが
       とてもよくなりました。
       85℃蒸し同様、だし汁に30分漬けた後の菜の花とは別物です。

茹で(100℃)・・おひたしにすると、一番だし汁の旨みを感じていたのに、
        半日経過後は、味が抜けたようでだし汁もうすく感じます。

低温蒸しした食材が時間の経過と共に味に変化が現れることは感じていましたが、
味付けした後でもこれほどまでに変わってしまうとは、驚きであり、発見でした!!

まだまだ《奥の深い低温蒸し》・・・
これからも、低温蒸しを様々な角度から皆様へ提案させていただくことで、
私たち自身が日々学習だと、痛感した『菜の花』でした。


--------------------------------------------------------------


低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」の販売ページはこちら→博多玄海 Web Shop

イメージ写真①


好評発売中!
低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590

専用温度計、レシピ集プレゼント




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767




       
スポンサーサイト

【2011/02/05 16:07】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【2月8日】なぜ今、低温蒸しなのか? | BLOG TOP | 【2月4日】 低温蒸し 菜の花>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/124-d1775635


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。