低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【2月1日】 低温蒸し かぼちゃ
今日は、かぼちゃの蒸し比べです。
通常蒸し(100℃)と低温蒸し(80℃)の違いを見てみます。

普通蒸し鍋の中 低温蒸し鍋の中

写真の撮り方で右の低温蒸しのかぼちゃがすごく小さく見えますが、
同じかぼちゃです。

通常蒸しは、沸騰した湯(100℃)からの蒸気で蒸します。
蓋には空気穴があり、そこから蒸気が逃げています。
10分で蒸しあがりました。

一方低温蒸しは、80℃で40分蒸しました。
空気穴は蓋ではなく蒸し器の下の方にあり、そこから空気を逃がすことで、
蒸し器内は蒸気が充満した状態になります。

蒸しあがりはこの通り。
左が通常蒸し、右が低温蒸しです。

普通蒸し 低温蒸し

左の通常蒸しは、柔らかく蒸しあがっていて、甘くておいしいです。
右の低温蒸しは、旨みがギュッと濃縮された感じ。香りもいいです。

比べると、通常蒸しは旨みが抜けたように感じます。
これに醤油や砂糖で味をつけると美味しく食べられるでしょう。
しかし、低温蒸しのかぼちゃは味付けなしでも満足感のある味です。
味のバランスが良く、食べ飽きません。

時間はかかるけれど、素材を活かすにはやはり、低温蒸しです!



--------------------------------------------------------------


低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」の販売ページはこちら→博多玄海 Web Shop

イメージ写真①


好評発売中!
低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590

専用温度計、レシピ集プレゼント




博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767

スポンサーサイト

【2011/02/01 17:24】 蒸し温度 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【2月2日】 低温蒸し ブロッコリー | BLOG TOP | 【1月29日】 低温蒸し かぶ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/120-ee693e30


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。