低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
【1月27日】 低温蒸しQ&A ごぼうは蒸す前に水にさらしますか? 
お客様:

 通常ごぼうは、料理前に水にさらしてあく抜きをしますが、
 「低温蒸し」をする前も水にさらしますか?


低温スチーム研究会:

 いいえ、そのまま蒸します。
 「低温蒸し」自体にあく抜き効果があるので、
 水にさらす必要はありません。

お客様:

 ささがきの場合、切っている最中に色が変わりますが、
 それでも水にさらさなくていいのですか?

低温スチーム研究会:

 はい、さらさないで下さい。


「低温蒸し」は、料理ではなく、料理前に素材そのものの旨みを引き出す
下準備と考えます。
よって、あく抜きをすることや、味付けをすることなく、そのままを蒸して下さい。
そしてここで、まずはそのままの素材の味を確かめてみましょう。
あく抜きも、味付けもしていない・・しかし、旨みを感じる食材に変身しているはずです。
この後の料理は、食材の味を活かす薄味をお勧めします。
 
ごぼうの低温蒸しについては、こちらをご覧下さい。
【11月17日】低温蒸し ごぼう


いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
感想やご質問などございましたら、お気軽にご連絡下さい。
皆様のお声をお待ちいたしております。

博多玄海 低温スチーミング研究会
teionmushi@hakatagenkai.com
092-572-5767

スポンサーサイト

【2011/01/27 16:25】 低温蒸し調理法のコツ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<【1月28日】 低温蒸し フルーツトマト | BLOG TOP | 【1月26日】 低温蒸し じゃがいも>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/117-1c11b22e


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。