低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ひらやま蒸し鍋のここがスゴイ!
低温スチーミング研究会の井上です。
今日は、『ひらやま蒸し鍋』の特徴についてご紹介します。

イメージ写真②

これが9月に発売予定の『ひらやま蒸し鍋』ですが、
鍋の下部にある穴にお気づきでしょうか?
この穴をアップで見てみましょう。

空気抜きの穴のアップ

この穴が『ひらやま蒸し鍋』の1番の特徴です。
これは空気穴なのですが、普通の蒸し鍋は、蓋に穴が開いていることが多いはず・・。

少し専門的な話をすると、空気は蒸気よりも重く、
よって、蒸し器の中では蒸気が上へ、空気が下へと動きます。
つまり、下に穴が開いていることによって、蒸し器の中はより蒸気が充満しやすくなり、
湿度100%に近い状態になります。

これが、素材を酸化させることなくより美味しくなる秘密なのです・・!!



低温蒸し専用「ひらやま蒸し鍋」のご購入は、
博多玄海Web Shopへ。

新発売!「ひらやま蒸し鍋」
定価16,590円 → 発売キャンペーン価格14,490円

(キャンペーンは2010年9月30日まで)


スポンサーサイト

【2010/08/27 17:54】 低温蒸し専用鍋について | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<蒸しかぼちゃ | BLOG TOP | 蒸しトマト>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://teionmushi.blog135.fc2.com/tb.php/11-ba2a1434


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。