低温蒸しレシピ
低温蒸し情報サイト 平山一政先生による低温蒸しをご家庭で味わうための 蒸し温度と調理法のご紹介。
04 | 2012/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
低温スチーミング研究会
  • 低温スチーミング研究会
  • 「低温蒸し」に関することのなんでも情報サイトです。低温蒸しレシピを紹介しながら、その魅力に迫ります♪
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
野菜がよみがえる!?50℃洗いにMotto!「めんたいワイド」2012年5月30日放送
ローカル番組で申し訳ないですが、本日2012年5月30日の「めんたいワイド」で
低温スチーミング研究会主宰の井上哲夫出演、50℃洗いの特集がありました。

今日の17時すぎ、テレビの前でカメラを構えて視聴(笑)
録画を2回見て復習(笑笑)
早速、ご報告させて頂きます♪
(*長い記事ですが、期間限定になるかもしれないので、是非最後までご覧下さい)

1.jpg

めんたいワイドは、福岡の情報番組。毎日放送があっています。
その中の「Motto!!」というコーナーで取り上げていただきました。
題して「野菜がよみがえる!?50℃洗いにMotto!!」

6.jpg

そういえば、リポーターの奥田さん「Mottoジャンパー」を着ての撮影でした。
この白い上着ですね。シャカシャカいうので音声さん泣かせだとか。
ここはいつも低温蒸し研究をしている現場(うち)です。

7.jpg

まずは、きのう買ってきてほったらかしにしていたシンナリ水菜で実験!
水分が抜けてクタッとなってしまっています。
本当によみがえるのでしょうか!?(内心ちょっと心配・・・)

8.jpg

このブログをご覧のみなさんにはおなじみの風景。
50度のお湯にシンナリ水菜をつけて洗います。
けっこうシンナリしていたので、実際は1分半くらいつけていました。

10.jpg 11.jpg

50℃洗いしている段階から水菜はぐんぐん元気になり、
30分後には、こーんなにシャンっとまっすぐになりました。
TVではしおれていた水菜の葉が起き上がってくる様子も早回しでありました。

15.jpg

見てください!この違い!!
これ、同じ水菜ですよ。
ほんとうによみがえりました。これにはスタジオの皆さんもビックリ!

16.jpg 17.jpg

そしてそして・・・
登場したのは・・・
あら、どこかで見た景色。

20.jpg

はい。我が社です(^-^)♪
この2階が低温蒸し教室の会場でもあり、研究所でもあり、撮影もしました。
そして低温蒸し暦10年以上のテツオさん。
奥田さんと一緒にレタスともやしを50℃洗いして実験しました。

21.jpg 24.jpg

50℃につけて洗っている先からどんどん元気になっていきます。
葉っぱにハリとツヤがでてモリっと一回り大きくなったレタスを見て、
奥田さん「私も50℃のお風呂に入ろうかな!」(それは無理!笑)

28.jpg 29.jpg

もやしも洗った時点で違いが出ます。
水洗いのもやしはもやし独特の臭いがありますが、50℃洗いをすると
その臭いが消えています。

31.jpg

そして5日間冷蔵庫で保存・・・
5日後というのが、こないだの月曜日だったのですが、見事違いが出ました。

33.jpg 34.jpg

「洗わないレタスはしなーっとして、サラダにするには鮮度がおちたな、という感じ」
50℃洗いのレタスをビニール袋から出すと、スタジオから声が上がりました!
「ええ~!!生き生きしてる~!!!」
もやしも「色の違いが出てますね!」
このもやし、もっと違ったのはニオイなんですけどね、
ニオイはテレビにうつらないのでカットされたみたいです。

35.jpg 36.jpg

さて、ここからがTV局のすごいところ。
この50℃洗いのメカニズムを専門家に電話取材してくださいました。
食品総合研究所の調べによると、
「例えばトマトは赤くなるとグチュグチュになりますよね。
そのような老化現象が1週間ほどおくれることが分かりました。」
「加熱により老化現象を促進するような酵素分の活動が停止して長持ちするようです」

38.jpg 41.jpg

そして50℃洗いで野菜に起きている現象を図解。
「野菜がしおれるのは水分がなくなるため。
50℃の湯につけるとショックで気孔が開き、
ここから水分が取り込まれて鮮度が蘇る」のだそうです。

42.jpg 43.jpg 44.jpg

そして次は50℃洗いの野菜で評判を呼んでいるまぐろ料理専門店「あとむ」さん。
舞鶴の、あいれふとか少年科学文化会館の向かいにあるお店ですね。
もともとこだわりの料理法ですごく美味しかったのですが、1年ほど前から
50℃洗いを取り入れ、さらに評判になっているようです。
常連のお客さんも「味に深みが出てきた」「味が凝縮している」とのコメント。

45.jpg 46.jpg

お店の情報はこちらからどうぞ。
ここに行ったらぜひ、「ねぎま鍋」を食べて下さいね!!!!!
http://r.gnavi.co.jp/f073800/

奥田さんはプチトマトを水洗いのものと50℃洗いと食べ比べてビックリ!!
「えーーーー!甘くなってる~!!!
 どうしよう!!伝えたい!!!」と大騒ぎ(笑)
でも、その気持ち分かります。
私もよく、ブログ記事を書きながら、おいしさを伝えたくて大騒ぎです(笑笑)

53.jpg 54.jpg

次はところ変わって、病院です。
佐賀大和にある矢山クリニックは、知る人ぞ知る名病院。
東洋医学や漢方など様々な治療法を取り入れた珍しいクリニックです。
こちらでメニュー開発をしてある方が、低温蒸しの勉強をしにうちに来られたことがありました。
そして、4ヶ月前から50℃洗いを患者さんの食事に取り入れてあるとのこと。

55.jpg 56.jpg

生野菜が患者さんに良くないことに気が付いた先生が、どうにかしなければと
たどり着いたのが、低温蒸しであり50℃洗いだったのです。
「生よりもかえって美味しくなって、食感も味もいい。
これは手間がかかってもやるべきだという結論に至った」そうです。

57.jpg 58.jpg

あ、ごはんは赤い発酵玄米ですね(^-^)
これがまたモチモチでおいしいんです。

こちらへ取材に行くと、とにかく「食事を食べて下さい食べて下さい」と言われたそうです。
そして食べたらビックリ。
まさか病院食とは思えない、まるでレストランの食事のように美味しかったそうです。
やはり、人は美味しいものを食べると元気になります。
病院食がまずくては、治る病気も治らない!(のでは?)

このように、病院の食事や育ち盛りの子どもが食べる学校給食などで
低温蒸しをどんどん取り入れられたらいいなあと思っています。

さて、今度は細菌検査です。
食品衛生研究所で、スーパーで買ったレタスを2等分にして水洗いと50℃洗いし、
葉に残った細菌を検査してもらいました。

63.jpg 64.jpg

2日後の状態がこうです。
点の数が菌の数ということですが、なんと50℃洗いは細菌の数が10分の1に減少しているとのこと。
スゴイ!!!!

69.jpg

こんなスゴイ50℃洗いは、ご家庭でもカーンタンに実践できます。
というわけで、最後は白水さん宅へ。
ご協力ありがとうございます(^ー^)

72.jpg

やり方はいたって簡単。
給湯器の設定温度を50℃にすれば、蛇口から50℃のお湯がでるので、
それで野菜を洗うだけです。
白水さんも「最初は面倒かなと思ったけど、水で洗う代わりにお湯で洗うのだから
手間は水で洗うのとまったく変わらない」と。
そうなんです!
どうせ洗うんだから、50℃のお湯で洗いましょう。

74.jpg 78.jpg

白水さん宅では、50℃洗いを取り入れてから、野菜を使った料理が多くなってきたそうです。
そして野菜嫌いだったお子さんも喜んで食べています。
以前は、特に生野菜は絶対食べなかったという美代ちゃん。
さっきから、パクパク人参を食べています!!

80.jpg 82.jpg

「どうして?」と聞くと
ちょっと恥ずかしそうに「おいしい・・・なんか、」
「前よりシャキシャキしてる」
かわいい!!(*^-^*)
これは、主婦の心をグッととらえた瞬間ではないでしょうか?(笑)

86.jpg 88.jpg

スタジオでも「一人暮らしだからすごくうれしい」など、大反響でした。

だけど、実は今回取材したにも関わらず登場しなかったご家庭がありました。
それは、続編へのおたのしみということですね。
取材する中でスタッフのみなさんが感じたのは、
「味は断然低温蒸しがおいしい」ということでした。
だから次は低温蒸し!

そうです。
確かに50℃洗いの威力はあるし、スゴイけど、低温蒸しを知っている私たちは、
結局蒸さなければ美味しくは食べられません。
50℃洗いは、その前の前提みたいなものですね。

まだ試していない方がもしいらっしゃったら、それはソンしてますよ!
ぜひ給湯器の温度を50℃に設定して下さいね。
ちなみに、私の家は48℃の次は60℃になるので、60℃設定で水を足したりして
やっています。




低温スチーミング研究会 井上



スポンサーサイト
【2012/05/30 22:01】 TV、雑誌での紹介 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。